メンテナンスが大事


Foot massage


矯正治療には時間がかかります。
子供のころから行うと、3年以内で終わることもありますが、成人矯正は最低で3年、保定に3年で、6年かかるケースがあります。
ただ、矯正の治療期間はケースによって大きく違ってきます。
MTMと言う、数本だけを動かす場合では、半年で終了することもあります。
どうも矯正と聞くと、全ての歯を動かすことをイメージしますが、少ない本数の場合もあるのです。

全ての矯正治療に共通してることは、
”終了後からメンテナンスが始まる”
ことですね。

歯を動かすと、その反対の力がかかります。
前に引っ張って動かしたとします。それを止めると、歯は元の位置に戻ろうとするのです。
後戻りが起こるので、矯正を途中で止めた人は、歯が中途半端な位置で止まっていたりします。
後戻りを防ぐ方法として、保定装置を入れます。
これはいろんな種類があるのですが、入れ歯のようなものから、ワイヤーで固定するものもあります。
透明なプラスティックで作ったリテーナーという装置を、寝てる間だけ入れる事が多いでしょう。

これを矯正期間と同じか、それ以上行ないます。
どのくらいで後戻りが収まるのかは、良く分かっていません。
何もしなくても大丈夫な人もいますし、すぐに元に戻ってしまう人もいます。

その多くは、かみ合わせの力も関係してくるので、完全に歯の位置が固定するまではリテーナーを使い続けましょう。
せっかく高いお金を出して行なったのに、全て無駄になってしまいますからね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年7月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:矯正治療の流れ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ