痛いのは一週間


A Bit Painful

よく、矯正治療は痛いと言われます。
それは治療の方法によって違います。

入れ歯タイプのものでも、ワイヤーでも、痛みを感じるのは最初の一週間だけです。
この時期、歯は矯正力を受けて骨から浮き上がります。
骨と歯をくっつけてる歯根膜と呼ばれる組織が緩み、歯が動きやすくなります。
この、浮き上がるときに多くの人が痛みを感じてるようです。
完全に浮き上がってしまうと、痛みは殆どなくなります。

あとは、矯正力の強さによります。
歯を動かすときは、まずとても弱い力で動かします。
弱い力で、歯根膜と骨の結合を緩めるのですが、この時に強い力を使うと歯が抵抗します。
それを無理に動かそうとして、さらに強い力をかけると、かなり痛むのです。

最近の矯正では、あまり強い力で動かすことは殆どありません。弱い力から初めて、徐々に強くしていきます。
そうすると、痛いのは最初の一週間くらいで消えて、あとは楽になります。

ただし、歯が骨から浮き上がっているので、物を咬むと沈んで痛みを感じる事があります。
夜中に痛みで目が覚めたと言う人も、昔はいましたが、今はそんなにひどい痛みが出ることはありません。

そのほかに痛みの原因となりそうなのは、よくあるのが、ワイヤーの端が頬に当たって傷になってるケースですね。
これはワイヤーの端を切り落とせば治ります。
それ以外で、矯正中に痛みを感じることはまれです。
もし痛みを感じるのであれば、それは何かしら問題があるかもしれません。
かならず先生に相談しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年4月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:矯正治療の流れ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ