入れ歯とワイヤー




矯正治療の方法には、大きく二つがあると説明しました。
アメリカ式の抜歯矯正と、ヨーロッパ式の非抜歯矯正です。

最終の微調整はどちらもワイヤーやブラケットが必要ですが、途中までが違います。
アメリカ式では最初から抜歯して空間を作った後にすぐブラケットとワイヤーを装着します。
早くから歯の移動を行なうのです。

対してヨーロッパ式は、入れ歯で顎の骨を広げて空間を作ることから始めます。
充分な空間が出来たら、そこから歯の移動を行ないます。

どちらが優れているというのではなく、両者の長所と短所を理解して使い分ければ良いのです。
しかし日本ではアメリカ式が主流なので、非抜歯矯正を行なってる先生は少ないです。
どうしても非抜歯で行ないたいのなら、ネットなどで自分で調べるしかありません。
治療期間はアメリカ式のほうが早いのですが、入れ歯で行なうほうが後戻りが少ないといわれています。

入れ歯は寝るときだけ装着して、昼間は外せますが、ワイヤーはずっとつけたままです。自分でとることは出来ません。
ですので、ワイヤーは汚れがつきやすいのでしっかりと磨きましょう。むし歯にもなりやすいのです。
入れ歯タイプは、朝起きて外せば、流水で洗うだけで済みます。
あとは乾燥させてケー寸戻します。
手入れの方法がちがうのですね。

どちらで行なうかは、先生の判断dすが、移動量が少なく、骨を改善するだけで済むなら抜歯をしないほうが良いでしょう。

photo by: gjbell

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:矯正歯科の種類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ