大手術!




矯正治療と言うのは、多くが歯の移動を中心に行ないます。
器具を歯に取り付けて、それをワイヤーで引っ張って動かします。
徐々に歯が動けば、歯並びが改善すると共に、骨格も変わってきます。

処置前の診断で、歯を動かせばどのような骨格になるのかは、想定して行ないますが、
歯を動かすだけでは改善できないようなゆがみやずれがある場合は手術になります。

矯正で行う手術は、上の顎、下の顎を切って伸ばしたり、短くしたりするのです。
例えば出っ歯の人がいたとします。
診断では、歯を後ろに下げるだけでは出っ歯が治らないとします。
そのときは顎を全体に後ろに下げる手術を行ないます。

日本人に多い、顔の中心部分がへこんで、下あごが前に出ている人の場合は、両方の顎に対して手術を行ないます。
まず上の顎を前に引っ張り、次に下の顎を後ろに下げます。

アジア人は、中顔面(鼻の辺り)の生長が悪く、前に出てこないケースが多いのです。
子供のころに気がついたら、この部分を前に引っ張る処置を行ないます。
子供のうちはまだ骨も成長期なので、引っ張ることで改善が見られます。
しかし大人になると引っ張っても殆ど出てきません。
その場合は手術するしかないのです。

矯正治療は、歯を動かすだけではなく、顎全体の調和をとるために、どのような処置を行なうべきかと言う事を考えます。
その結果として手術もあるのです。

photo by: USAG-Humphreys

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ