終わっても油断しない




長い矯正治療が終わりました。
うっとうしいブラケットやワイヤーが取れてすっきりしてることでしょう。
やっと歯並びも良くなって、何も気にせずに大口を開けて笑えますね。

確かに治療は終わったのですけど、注意しなくてはいけません。
後戻りの事を先生から説明を受けましたか。

矯正治療は、自然ではない力を歯にかけて動かします。
その反作用の力がかかっているのです。

矯正器具を外すと、すぐに歯はそれまでと反対方向へ移動を開始します。
これが後戻りです。
後戻りが起こる理由は良く分かりませんが、全ての人で発生するわけではありません。
ですが、多くの人で起こる現象なので、矯正医は必ず後戻りを防ぐ処置を行ないます。

保定装置(リテーナー)と呼ばれるものを利用します。
これはいくつか種類があるのですが、
1:マウスピースのようなものを寝るときだけ使う
2:細いワイヤーを歯の裏につけて止める
3:入れ歯タイプのリテーナーを利用する

上記のような方法があります。
これを怠ると、せっかく動かした歯の位置が狂ってしまうので、絶対に行なって下さい。
面倒だと思ってやらないと、歯が動いてリテーナーが入らなくなります。
ワイヤーで固定する方法が楽なのですが、外れたりすることもあります。
どれを使うのかは先生によって違うので、説明をしっかりと聞いてください。

photo by: OUCHcharley

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:矯正歯科の種類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ